奥只見シルバーライン
8月11〜13日、だっくは独りで新潟の山奥へ行って来ました。
まずは奥只見シルバーライン。これは「トンネルファン」にはたまらないものです(って、そんなヤツいるかぁ?)
何しろ全長22キロのうち18キロがトンネル!しかも最近のトンネルとは違って照明も暗く、内壁には岩盤がゴツゴツと・・・・。路面はいつも濡れていて、センターラインもはっきりしません。
奥只見ダム建設のため、昭和29年から32年までの僅か3年間で掘りあげた、まさに「突貫工事」トンネルです。途中、銀山平へ出るためのT字路があったり、測量ミスなのか1mくらいずれているところがあったり・・・。
銀山湖、正式名称は「奥只見湖」と言い、日本最大の人造湖です。貯水量は・・・えーっと・・・忘れた(^^;) とにかく、東京都民の3ヶ月分の水を蓄えているそうです。
D60+EF28-135IS
トンネルの中はよく冷えています。車窓から手を出していると我慢できなくなるくらい! 通行料金は無料です。写真を撮ろうとしたのですが・・・トンネル内に駐車するワケににもいかず断念しました【ノ_;】帰路はトンネルを利用せず、枝折峠(しおりとうげ)を走りました。枝折峠は午前東行き一方通行、午後は西行き一方通行で二輪車通行止めの実用性に乏しい国道です。大半が一車線しか無く、対向車とのすれ違いが大変です。豪雨と雲中走行のため、写真は撮れませんでした。
湖上には遊覧船が就航しています。乗船料金は700円で、約40分の水上観光を楽しめます・・・と言いたいところですが、はたして乗る価値があるのか・・・かなり疑問です(^^;)
D60+EF80-200f2.8
駒の湯山荘
さて、今夜のお宿は「ランプの宿・駒の湯温泉です。
夏真っ盛りだというのに、奥只見にはもう秋の気配が漂っていました。
D60+EF28-135IS
岸近くには立ち枯れした木があり、何となく寂しさを漂わせています。
D60+EF80-200f2.8
撮影は全て、ProgramAEモードです。
銀山湖