流氷ツアー’04
3月13〜16日、プレ銀婚旅行と称して北海道は網走
へ流氷を見に行ってきました。現地ではネット友達の吉田さんが全てを仕切って下さいました。

13日 羽田→女満別 JAS A300
 網走市郊外の天都山、能取岬等を観光した後、網走グランドホテルにチ
 ェックインし、網走市内の小料理店「暮れ六」にて北の幸を満喫。
 ・ホッキ貝・ホッケ・カンカイ・メンメ(キンキ)
 ・ボタン海老・ホタルイカ沖漬・めふん(鮭の腎臓の塩辛)
 ・蛸の卵・牡蠣  etc
 北の海の新鮮な魚介類、どうしてこうも旨いのか・・・
空港から市内へ       天都山から流氷を望む     能取岬の夕暮れ
14日
 流氷観光船おーろら号に乗船。ただし流氷は遠く北上し、網走港から能
 取岬までの往復遊覧だけになってしまいました。
 出港時間は11時の予定だったのですが、乗船客が早く集まったため?
 1045には出港してしまいました。割といい加減?(^^;)この観光船は
 2月〜4月まで運航しており、予約が必要です。
午後は知床方面へ向かいました。途中、斜里町の白鳥公園に立ち寄りました。ここでは数多くの白鳥やカモメ、鴨が羽を休めていました。





 白鳥と戯れる尾   真 鴨      白 鳥    尾白鷲幼鳥
 白鷲の幼鳥
この日の昼食は、この50年間に食したもののうち最も旨い毛蟹でした。
吉田さんが知人の漁師に手配して貰ったという、極上の毛蟹、タラバ・・・・もう何も思い残すことは有りません(^^;)
知床半島にて
ここには一カ所だけ、流氷の上に乗ることが出来るポイントがあります。
半島に入るとすぐにエゾシカと大鷲の出迎えを受けました。Lucky!
でも、高木の上の大鷲を撮るには余りにも貧弱なレンズ・・・(T^T)
 知床半島の中程にある露天風呂からの流氷原の眺めも最高でした!

  流氷の上     お出迎えの大鷲と蝦夷シカ
   オシンコシンの滝

                           流氷原の夕暮れ
15日
 雨混じりの小雪がちらつくあいにくの天候となりましたが、意を決して
 根釧平野の鶴居村まで行くことにしました。大雪になれば退路が断たれ
 る可能性もありましたが・・(^^;)

    屈斜路湖
             鶴居村伊藤サンクチュアリにて
丹頂鶴は、頭のてっぺん(頂)が赤い(丹)ことからその名前がついています。
頭部に露出している皮膚が充血することによって赤くなります。興奮状態にあるときは赤い部分が大きくなります。

丹頂鶴は、日本に900羽、中国大陸に1500羽ほどが棲息しており、合計2400羽しか居ない希少動物です。日本の丹頂鶴は渡り鳥ではなく、年中この根釧平野に棲息しています。
求愛の舞
今回の道東旅行は格安ツアーフリープランを利用しました。
夫婦二人、JAS羽田→女満別往復航空券+網走グランドホテル3泊6食付きで合計12万円弱。
現地での行動は全て、吉田さんに頼りました。おかげで道東の冬の味覚・自然を余すところ無く楽しむことができました。(^ ^) 吉田さん、ありがとう!

16日
ホテルでのんびりした後、空港へは送迎バスを利用。女満別空港は8200ftの滑走路が1本だけのとってもローカルなのに、建物はとても綺麗!離陸までの3時間を苦もなく過ごすことが出来ました。
東京に着いて・・・・そのゴチャゴチャしてること!
やっぱり北海道はいいなぁ・・・・
というわけで、機会があればまた訪ねてみます。

      季節は夏が良いかなぁ。
今回の旅行日程と観光場所